図書館の紹介

池袋図書館

池袋図書館は、それまで池袋キャンパスに点在していた図書館を統合・一元化し、2012年11月に全面開館しました。収蔵可能冊数200万冊、閲覧席数1520席を誇る、国内の大学でも屈指の大規模図書館です。総合学習図書館および研究図書館としての2つの機能を維持するとともに、多様なニーズに対応し利便性を向上させることによって、学修・教育・研究を強力にサポートします。

新座図書館

新座図書館は、観光学部・コミュニティ福祉学部・現代心理学部および各研究科が中心となって利用する総合学習・研究図書館で、蔵書約27万冊、閲覧席数536席を擁しています。新座市民の利用を受け入れており、地域連携の役割も果たしています。また当館は国連世界観光機関(UNWTO)寄託図書館としての機能を担っています。1998年に開館、2012年には2階にラーニング・コモンズ「しおり」をオープンしました。

新座保存書庫

1982年に新座キャンパスに設置された新座保存書庫は、地下1階、地上2階の3層構造で約50万冊の蔵書を擁しています。利用者は原則的に直接来館利用することがなく、保存機能のみの特殊な図書館(書庫)です。立教大学の誇る各個人文庫、聖公会関係資料のほか、1955年以前に収書された単行書約8万冊、1970年以前に刊行された逐次刊行物(欧米の新聞を含む)、利用頻度の少ない図書資料等を所蔵しています。


ページ上部へ