貴重書・準貴重書の利用について

立教大学OPACで、配架場所が「池袋図 B2F貴重書庫~」、「保存書庫 貴重書/準貴重書」と表示された資料は、貴重書または準貴重書です。閲覧・複写(撮影)等の利用は予約制となっております。利用を希望する場合は、事前の申請が必要です。

*貴重書の利用にあたっては、「貴重書・準貴重書の利用に関する注意事項」(PDF)を必ずご確認いただきますよう、お願いいたします。

*下記のコレクションについては、デジタルデータをウェブサイトで公開しています。これらのものは、特別な理由がない限り、デジタルデータでの閲覧をお願いいたします。コレクション内容等の詳細は各ページをご確認ください。

・RIKKYO ECHO(2009年度デジタル化)
・立教大学新聞(2008-2009年度デジタル化)
・砂田重民氏LPレコードコレクション(2009年度デジタル化)
・海老沢有道文庫(2010-2012年度デジタル化)
・ルソー主要作品(2013-2014年度デジタル化 2014年度更新)
・竹取物語絵巻(2007・2013年度デジタル化)
・アーサー・ロイド絵入り英訳書(2014年度デジタル化)
・樋口一葉 詠草 自筆稿本デジタルライブラリ(2015年度デジタル化)
・英和対訳袖珍辞書デジタルライブラリ(2015年度デジタル化)

利用手続き

学生・教職員の方

【閲覧・複写(撮影)】

学習・研究を目的として、貴重書・準貴重書の閲覧・複写(撮影)を希望される場合は、利用を希望する1週間前までにお申込みください。また、資料の状態によっては、ご希望に沿えない場合がありますので、予めご了承ください。

※複写(撮影)に関する注意点

・貴重書・準貴重書は館内のコピー機で複写することはできません。ご自身でカメラ(デジタルカメラに限ります)をご持参いただいた上で、撮影をお願いしております。フラッシュ撮影は禁止します。また、撮影用の撮影室や機材はご用意できませんので、ご了承ください。
・著作権の範囲内で複写(撮影)していただくことになりますので、申請時に複写(撮影)箇所を指定して下さい。
・全頁複写は原則お受けできません。
・館内資料の商業出版物への掲載、翻刻、影印、放送・映像作品の制作、展示会での利用等を行う場合は、別途館長の許可が必要です。カウンターまでお問い合わせください。

<申込方法>

カウンター設置の「貴重書・準貴重書 閲覧・複写(撮影)願」に必要事項を記入の上、カウンターにお申込みください。図書館長の決裁後、申請の認可・不認可に関わらず、後日カウンターからご連絡いたします。※1回の利用につき1枚の申請となります。

<受付期日>

申請から決裁、ご連絡までに1週間程度かかります。余裕をもって申請してください。

<利用場所>

図書館が指定した場所で利用していただきます。

<申込み・問い合わせ先>

池袋図書館カウンターTEL:03-3985-2628/新座図書館カウンターTEL:048-471-7119


学外の方

貴重書・準貴重書の閲覧・複写をご希望の方は、事前にご所属の大学図書館(機関)または最寄りの公共図書館へご相談ください。
詳しくはこちらをご確認ください。

ページ上部へ