語りの時間 ~研究って面白い!~

図書館のラーニングコモンズ(池袋図書館1階ラーニング・スクウェア、新座図書館2階「しおり」)にて開催する、本学の研究者が自らの研究テーマをもとに、「研究の面白さ・楽しさを語る」企画です。
研究者の想いに触れ、参加者が「!」(発見や驚き、刺激)を得る場としようという取り組みです。
研究の魅力に迫る30分間をお楽しみください。

過去の開催の様子はこちらから

2017年度春学期

池袋図書館

   

テーマ 人・地域・自然がつながる西池袋の地域づくり
~研究と実践をつなぐ環境教育の視点から~
登壇者 ESD研究所 高橋敬子先生
(経歴)
異文化コミュニケーション学修士。H18年にNPO風土-Kazetsuchiを設立。H26年にとしまちプロジェクト運営協議会を設立。豊島区西池袋を中心とし、大学、町会、学生らと連携を図りながら持続可能な地域づくりに向けた活動の企画・運営を行う。また、国立環境研究所において気候変動教育の研究を実施(2015年~2017年)し、現在は科学研究費(基盤研究(C)・研究代表者:2017年~2019年)によって、地域のリーダー育成のための気候変動能力開発プログラムの開発に関する研究を実施中。
日時 2017年6月27日(火)12:30~13:00
会場 池袋図書館1階 ラーニング・スクウェア
資料 発表資料(V-Campus認証)
環境カウンセラー高橋敬子先生プロフィール
環境カウンセラー活用事例集
④西池袋おさんぽマップ2(西池袋南町会発行)
⑤Eco Opera!シンポジウム報告書「"西池袋"を刺激する!part2」
※上記資料は池袋図書館1階新着本コーナー横サーチガイド棚に置いています(なくなり次第終了)
参加者数 12名
  • 登壇者の活動紹介パネル展もあわせて開催しました。
    期間:6月12日(月)~6月27日(火)
    会場:池袋図書館1階ラーニング・スクウェア
    内容:語りの時間2017春パネル展資料

     
ページ上部へ