著作権で認められた複写について

資料の複写にあたっては、著作権法を遵守してください。 図書館は著作権法31条により以下の場合のみ著作物の複写を認められています。)

  • 複写範囲は著作物の一部であること
  • 定期刊行物に掲載された各論文その他の記事は、その全部を複写できるが、発行後相当の期間を経たもの(次号が発刊となったもの、または発行後3カ月を経たもの)に限ること
  • 複写部数は1人につき1部であること
  • 利用者の調査研究用に限ること
  • 有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと

参考:大学図書館における著作権問題Q&Af

コピー機について

  • コピー機は各館に設置されており、図書館にある資料を著作権の範囲内でセルフコピーできます。複写に際しては、「文献複写申込書」への記入が必要です。
  • 料金は、モノクロ:1枚10円、カラー:1枚40円です。
  • コピー機専用のプリペイドカード(1,000円または3,000円)も利用できます。プリペイドカードは池袋・新座両館で使用可能です。館内の自動販売機で購入してください。
  • 図書館で両替はおこないません。あらかじめ小銭をご用意ください。
  • コピーできる資料は、原則として当館所蔵資料のみです。
ページ上部へ