OPACやオンラインデータベースの画面が開かない場合について(Internet Explorerをお使いの方へ)

最近、インターネット通信の暗号化規格である「SSL 3.0」に深刻な脆弱性が発見されたことから、立教OPACや学外データベースの一部においてSSL 3.0方式での通信を中止しました。
多くのPCでは別のTLSという方式で通信可能なため支障はありませんが、まれに適切な設定がなされていない場合、OPACやオンラインデータベースにアクセスすると、エラーが表示され、開くことができません。

以下にInternet Explorerの手順を記載しますので、確認と通信の設定をお願いいたします。

(1)Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネットオプション] をクリックします。

(2)[インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定]タブをクリックします。

(3)[セキュリティ] カテゴリで、[TLS 1.0 を使用する]、[TLS 1.1 の使用]、

および [TLS 1.2 の使用]のチェックボックスをオンにして「OK」を押して下さい。

WS000107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせの一覧へ戻る

ページ上部へ