立教大学図書館 2020年度新学期 特設ページ2


外部機関作成リスト・アクセス数強化データベースコンテンツ等

  現在の研究・教育活動が制限されている環境に対して、通常よりアクセス数や方法を強化するデータベースや、またそれらをまとめたサイトなどが提供され始めていますので、それらをご紹介します。(2020年10月9日更新)

  ※ご利用の際は、タイトル毎の利用条件の確認(同時アクセス数、リモート利用可否)やリモート設定等が必要となりますので、ご注意ください。設定と確認は以下のページをご参照ください。
■参照URL

sf
【コンテンツ】聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞)⇒同時アクセス数の追加
  9月21日より同時アクセス数が50になります(現状5アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】Japan Knowledge Lib ⇒同時アクセス数の追加
  9月21日より同時アクセス数が50になります(現状4アクセス)。また11月1日以降は同時アクセス数無制限になります。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】SciFinder ⇒ IPアドレスによる制限解除
  American Chemical Societyが提供する化学情報データベースです。リモートアクセスの設定をしなくても、自宅などから直接SciFinderにログインできます(ユーザー登録は必要です)。
[期限:2021年1月11日までに延長されました]
sf
【コンテンツ】magazineplusbookpluswhoplus ⇒2020年9月25日より、申請不要でリモートアクセス可能となりました。リモートアクセスを利用する方はリモート設定の上ご利用ください (参照:オンラインサービスのリモートアクセスについて)。
[期限:なし(無期限)]
【コンテンツ】TKCローライブラリー ⇒ リモートアクセス可
  TKCローライブラリーが2021年3月末までリモートアクセス可となります。 リモートアクセスを利用する方はリモート設定の上ご利用ください (参照:オンラインサービスのリモートアクセスについて)。 なお、個人IDパスワードをお持ちの方は、これまで通りIDパスワードを使ってログインしてください。
[期限:2021年3月31日まで延長されました]
sf
【コンテンツ】週刊ダイヤモンドデジタルアーカイブズPLUS ⇒ 同時アクセス数の増加
  週刊ダイヤモンドデジタルアーカイブズPLUSの同時アクセス数が9月21日より10に増加します(現状4アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】日本文学web図書館(和歌&俳諧ライブラリー、辞典ライブラリー) ⇒ 同時アクセス数の増加
  日本文学web図書館の和歌&俳諧ライブラリーと辞典ライブラリーの同時アクセス数が9月21日より100に増加します(現状2アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】日経テレコン21(日経新聞) ⇒ 同時アクセス数の増加
  日経テレコン21(日経新聞)の同時アクセス数が9月21日より無制限に増加します(現状10アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】毎索(毎日新聞) ⇒ 同時アクセス数の増加
  毎索(毎日新聞)の同時アクセス数が9月21日より50に増加します(現状2アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
【コンテンツ】ヨミダス歴史館(読売新聞) ⇒ 同時アクセス数の増加
  ヨミダス歴史館(読売新聞)の同時アクセス数が9月21日より同時100に増加します(現状5アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】産経新聞データベース ⇒ 同時アクセス数の増加
  産経新聞データベースの同時アクセス数が9月21日より無制限に増加します(現状2アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
【コンテンツ】ブルームバーグ プロフェッショナルサービス ⇒ リモート設定
  個別にリモート設定をすることで、自宅などから直接ブルームバーグ プロフェッショナルサービスにログインできます。希望者は立教大学のメールアドレス(@rikkyo.ac.jp)を使い、libonline@rikkyo.ac.jp までご連絡ください。メールには、学生番号か教職員番号、所属、氏名、立教大学のメールアドレス、ブルームバーグ プロフェッショナルサービスのリモート使用を希望する旨をご記入ください。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】eol[上場企業パッケージ] ⇒ 同時アクセス数の増加
  eol[上場企業パッケージ]の同時アクセス数が9月21日より10に増加します(現状3アクセス)。
[期限:2021年1月31日まで]
sf
【コンテンツ】SPEEDA ⇒ リモートアクセス可
  SPEEDAがリモートアクセス可となります。リモートアクセスを利用する方はリモート設定の上ご利用ください (参照:オンラインサービスのリモートアクセスについて)。
[期限:2021年2月4日まで延長されました]
【まとめ】出版社コロナウイルス臨時対応情報[Excel版](出典:JUSTICE会員館ホームページより)
  新型コロナウイルス感染症に対する出版社の対応状況の情報です。コロナウイルス関連の論文を無料公開という他に、Elsevierのテキストブック無料公開等があります。
【まとめ】紀伊國屋書店「教育と研究の未来」ページ
  紀伊國屋書店がまとめているページです。新型コロナウイルス感染症COVID-19に関する海外文献が中心ですが、それ以外にも期間限定で無償で閲覧できるサイトも紹介されています。
【まとめ】丸善雄松堂「Library Navigateor」ページ
  丸善雄松堂が「外国雑誌・洋書eBook・データベース 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う無償公開に関する情報」としてまとめています。
【まとめ】オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)「おすすめのOAリソース」
  オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)は、6月24日付で世界中のリポジトリを活用した様々なサービスを紹介するウェブページ「おすすめのOAリソース」を公開しました。

【期間限定サービス終了コンテンツ】
以下データベースの期間限定サービスは終了しました。今後サービス復活の際は当ページにて改めてお知らせします。
Beck-Online(6月30日までリモート可)、Juris(6月30日までリモート可)、東亜日報WEB版(6月30日までリモート可)
、Maruzen eBook Library(7月31日まで特定出版社タイトルのアクセス数増設)、ナクソス・ミュージック・ライブラリー(7月31日までアクセス数増設)、MARR Online(7月31日までリモートPW付与)、Benjamins Online Resources(7月31日までアクセス数増設)、CapitalIQ(7月31日までリモートPW付与)、朝鮮日報WEB版(7月31日までリモート可)、大宅壮一文庫雑誌記事検索(7月31日までアクセス数増設)、医中誌Web(8月31日までリモートPW付与)