新型コロナウイルス感染症への対応・入館予約(10/30更新)

図書館では新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、また、秋学期中の授業が原則オンライン授業(一部対面)となったことなどを踏まえ、図書館サービスを以下のとおりとします。
今後、感染症の拡大等の状況変化やそれを受けた政府、大学等の対応により、サービスの変更や停止をする場合があります。

■予約制入館(対象者限定)[10/30更新]
■資料の返却期限
■資料の返却
■郵送貸出[10/29更新]
■オンラインで利用できる図書館コンテンツ
■図書館間相互利用サービス(※紹介状発行、紹介状利用を除く)
■学外者の利用停止
■お問い合わせ先

予約制入館(対象者限定)[10/30更新]

本学構成員(学生、教職員)に限定して、予約制入館による限定開館を行っています。
申し込み方法等の詳細は以下をご確認ください。

「立教大学図書館 限定開館(予約制)の期間および提供サービスについて」(10/30更新)
(↑ 入館予約・図書館での授業受講

上記予約制入館の対象ではない方は入館ができませんのでご注意ください。ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

参考:キャンパスへの入構および大学窓口業務について(10/20更新)

資料の返却期限

2020年9月17日(木)時点で返却期限が2020年2月27日(木)から2020年12月16日(水)であった資料の返却期限を、一律2020年12月17日(木)に変更しました。※状況により再度返却期限を延長する場合は、図書館WEBサイトにてお知らせします。[9/17更新]
2月27日(木)より前の返却期限となっている資料については返却期限日の延長措置の対象外ですが、一定の配慮をします。

資料の返却

2020年9月17日(木)時点で返却期限が2020年2月27日(木)から2020年12月16日(水)であった資料をお持ちの方については、上記のとおり資料の返却期限を一律2020年12月17日(木)に変更しています[9/17更新]。返却のみを目的として来校・来館をする必要はありません。
また、次の予約がかかっている資料や利用が終了した資料は、可能な範囲で構いませんのでお早めに図書館にご返却ください。[9/17更新]

なお、図書館ゲートの外にも「返却ポスト」(池袋)、「BOOK RETURN」 (新座)が設置されています。授業等で来学の予定がある場合は、「返却ポスト」「BOOK RETURN」に資料をご返却ください。ただし、AV資料はカウンターでの返却のみとなります。[9/11更新]

当面の間、郵送・宅配便での返却も可能です。(ただし、送料は利用者の負担とします。)

【宛先】
(池袋図書館)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学池袋図書館
Tel.03-3985-2628
(新座図書館)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26 立教大学新座図書館
Tel.048-471-7119

【その他の留意事項等】
・送り状に「返却図書資料在中」と明記してください。
・輸送中に図書が傷まないよう、適切な方法で梱包をしてください。
・できるだけ追跡可能な方法で送付してください。

郵送貸出[10/29更新]

論文執筆中の学部4年生及び大学院生のうち、新型コロナウイルス感染症対策のため図書館への来館が困難な学生を対象に郵送貸出を行います。

【申込方法】
申請には以下①→②の手続きが必要です。(①の手続き後、②の手続きをして申請完了となります。)
①OPACからの資料の郵送予約
OPAC検索結果の「申込」ボタンからオンライン(MyLibrary)で手続きをしてください。
※OPACから申し込む場合は、ログインにV-Campus IDとパスワードが必要です。
⇒郵送貸出操作マニュアルは【こちら】
②Googleフォームからの郵送申請
郵送貸出を希望するすべての資料のOPACでの郵送予約後に、Googleフォームから郵送申請をし
てください。
⇒郵送貸出専用Googleフォームは【こちら】
※学部1~3年生及び論文執筆中でない学部4年生で、新型コロナウイルス感染症対策のため図書館に来館することが困難な学生については、秋学期レポート試験対応のため2020年12月及び2021年1月に郵送貸出の対象者に追加する予定です。詳細は11月下旬を目途に図書館HPに掲載します。

【対象者】
・卒業論文、修士論文、博士論文の執筆のため図書館所蔵資料の利用を希望する本学学生(学部4年生、大学院学生)のうち、新型コロナウイルス感染症対策のため図書館に来館することが困難な学生(海外への郵送は対象外)
※教職員、研究員、研究(修)生、学外者等はご利用になれません。

【申請期間】
・10月29日(木)15:00 から当面の間

【対象資料】
・立教大学図書館(池袋・新座)所蔵資料
(※禁帯出資料、貸出/予約中資料、保存書庫所蔵資料、館内取置中資料、雑誌は対象外)

【貸出冊数・貸出期間】
・貸出冊数: 1人あたり10冊まで
※ただし、所定貸出上限:学部学生10冊、大学院学生30冊の範囲内。
※論文用図書長期貸出申請済の学生は、同制度の貸出枠・期間が適用できます。
※延滞資料がある学生は申し込むことはできません。延滞資料を返却してから申請をしてください。
※申し込みは、下記の期間中にそれぞれ1回のみとします。期間中に複数回の郵送申請がある場合は申請を受け付けません。
10月29日(木)~10月31日(土)
11月 1日(日)~11月30日(月)
12月 1日(火)~12月31日(木)
2021年 1月 1日(金)~ 1月31日(日)
・貸出期間: 学部学生・大学院学生 1ヵ月
※返却の際は、図書館到着までの日数を考慮して図書館に返却してください。
※貸出期間の延長については、通常の貸出と同様、貸出後初めての延長に限りMyLibraryから手続きが可能です。

【配送】
・貸出時の送料は大学が負担します。郵送で返却される場合は自己負担となります。
・郵送貸出申請後、図書館での資料準備・発送までに1週間程度要する場合があること、また、発送に関する案内メール等はお送りしていないことを予めご承知おきください。

【返却方法】
・郵送・宅配便にて返却してください。ただし、返送料は利用者の負担とします。
<宛先>
上記 「資料の返却」の【宛先】をご確認ください。

【その他】
・対応するスタッフの感染症対策等を要するため、郵送貸出申請後、図書館での資料準備・発送までに1週間程度要する場合があります。また、申請件数等が多数の場合にはそれ以上の期間(2週間程度)を要する場合があります。図書館は論文作成に関し一切の責任を負いかねるため、郵送貸出が必要な場合には早期に申請をしてください。
・資料の状態や大きさによっては、発送できない場合があります。
・郵送貸出以外にも希望する図書等を閲覧等する方法があります。
①本学図書館ウェブページからMaruzen eBook Libraryなどの電子書籍を利用する
-下記 「オンラインで利用できる図書館コンテンツ」を参照してください。
②地元の公共図書館を利用する
-各公共図書館の蔵書検索(ウェブサイト)で、希望する図書の有無等を確認できます。

オンラインで利用できる図書館コンテンツ

図書館に来館しなくても一部の図書館サービスを利用することができます。
以下のとおり特設ページを設けていますのでご利用ください。また、これ以外にも、OPAC(図書館蔵書検索)、MyLibrary(文献複写・貸借申込みはできません。)の利用が可能です。

参考 :
【2020年度新学期 学生向け特設ページ「家でも使える図書館」特集】新入生、在学生、就活生向け
【アクセス数強化データベースコンテンツ特設ページ集】
【Maruzen eBook Library利用マニュアル】
ラーニングアドバイザーによる【オンラインサポートサービス(ASKサービス)】
【図書館契約のオンラインコンテンツへのリモートアクセス(Proxy)の設定方法】

図書館間相互利用サービス(※紹介状発行、紹介状利用を除く)

現在、図書館間相互利用サービスを再開しています。
感染予防の観点から少人数での対応となるため、また、依頼先機関のサービス再開状況により資料の到着が遅れることやキャンセルになることが想定されます。近隣の図書館間相互利用サービス加盟館がサービスを停止している場合には、これまでよりも費用が高くなることも考えられます。あらかじめご了承ください。[6月29日更新]

学外者の利用停止

当面の間、学外(協定校も含む)の方の利用を停止します。何卒ご了解ください。
また、建物見学、視察の受付を停止します。

お問い合わせ先

お問い合わせは こちら からお願いします。
感染症の拡大防止のため、ご理解・ご協力の程、お願いいたします。

立教大学図書館

お知らせの一覧へ戻る

ページ上部へ