学生協働ワークショップin東京2016

 「学生協働ワークショップin東京」は、近年大学図書館で広がりを見せる「学生協働」について、東京近郊の大学図書館の事例を持ち寄り、より多くの学生と図書館員がお互いの活動について情報共有し、自らの取組みを更に活性化することを目指すものです。

学生協働の定義

本ワークショップでは、学生協働を次のように定義します。
大学図書館において、学生同士あるいは学生と職員が 共通の目的のため、協力して共に活動すること

期待される効果:
1. 大学図書館の運営・活動の活性化がはかられる
2. 学生の図書館利用が促進される
3. 学生の学習支援につながる
4. 協働する学生自身、職員自身の成長がはかられる

過去の開催の様子は下記からご確認ください。

*当日の発表資料と開催の様子を公開しました(2017/4/5)
*当日の様子が毎日新聞ウェブニュースで取り上げられました。(記事はこちら

日時・場所

日時:2017年3月1日(水)13:30~17:00
場所:立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール

プログラム

13:30~13:45 開会・趣旨説明
13:45~14:45 口頭発表
14:45~15:30 ポスター発表
15:30~16:45 グループワーク
16:45~17:00 閉会のあいさつ

参加団体一覧(大学名五十音順)

  • 跡見女子学園大学 : 図書館ボランティア+かるた部会
  • お茶の水女子大学 : LALA
  • お茶の水女子大学 : LiSA
  • 清泉女子大学 : Ask Me! (初参加)
  • 千葉大学 : ALSA
  • 東京海洋大学 : 学生企画チーム
  • 東京家政大学 : Library Mates(初参加)
  • 東京女子大学 : 学生アシスタント
  • 日本大学 : 文理学部図書館学生アシスタントSACLA
  • 文教大学 : ほんだな係
  • 明治大学 : Meiji Book Avenue(初参加)
  • 明治大学 : 明治大学中央図書館 図書館サポーター
  • 立教大学 : ラーニングアドバイザー
  • 立正大学 : りぶたま(初参加)
  • 早稲田大学 : 図書館ボランティアスタッフLIVS

口頭発表(13:45~14:45)

「他大学・団体と比較して、特に独自性/オリジナリティに富んだ取り組み」について、「学生視点」「教職員視点」で、学生・教職員それぞれに発表して頂きました。

学生視点

お茶の水女子大学附属図書館 LALA+LiSA (発表資料

千葉大学 ALSA (発表資料

東京家政大学図書館 Library Mates (発表資料

教職員視点

立教大学図書館 ラーニングアドバイザー (発表資料

ポスター発表(14:45~15:30)

すべての参加団体より、団体の普段の活動の様子や特徴ある取り組みについてポスターを作成して頂きました。 互いに情報交換をしたり、コメントを書いた付箋を貼りあったりなどして、交流しました。

各団体のポスター

跡見女子学園大学
図書館ボランティア+かるた部会
お茶の水女子大学
LALA+LiSA
清泉女子大学
Ask Me!
千葉大学
ALSA
東京海洋大学
学生企画チーム
東京家政大学
Library Mates
東京女子大学
学生アシスタント
日本大学
SACLA
文教大学
ほんだな係
明治大学和泉図書館
Meiji Book Avenue
明治大学中央図書館
図書館サポーター
立教大学
ラーニングアドバイザー
立正大学
りぶたま
早稲田大学
図書館ボランティアスタッフLIVS

グループワーク(15:30~16:45)

各グループで設定したテーマをもとに図書館に関する企画・イベントを策定し、発表して頂きました。

テーマ一覧

・ 図書館 × グローバル
・ 図書館 × 地域連携
・ 図書館 × アクティブ・ラーニング/ラーニング・コモンズ
・ 図書館 × 学習支援
・ 図書館 × 読書推進

発表内容

1班 2班 3班
4班 5班 6班
7班 8班

活動の様子

お問い合わせ

担当者 立教大学図書館利用支援課 根本・鈴木・原
E-mail rshien(at)rikkyo.ac.jp *(at)を@に読みかえてください
電話 03-3985-2834(担当者直通)
ページ上部へ