710年 元明天皇、平城京に遷都
711年 「蓄銭叙位令」発布
712年 太安万侶が稗田阿礼の語りを元に「古事記」を撰上
713年 諸国に「風土記」編纂が命じられる
718年 藤原不比等らにより「養老律令」なる(施行は757年)
720年 舎人親王らが「日本書紀」を撰上
722年 百万町歩開墾計画
723年 「三世一身法」発布
724年 聖武天皇即位  陸奥国に多賀城を設置
727年 中国東北部の国、渤海より使者来日(以後滅亡まで34回来日)
729年 長屋王の変(藤原4兄弟の策謀)不比等の娘、光明子が皇后となる
730年 薬師寺東塔、興福寺五重塔建立  光明皇后の発案で悲田院、施薬院設置
734年 興福寺阿修羅像(八部衆像)完成
737年 藤原4兄弟、流行病で病没
738年 皇族の橘諸兄と、吉備真備、僧の玄が重用される
740年 藤原広嗣の乱  聖武天皇は遷都を繰り返す
741年 聖武天皇、全国に国分寺および国分尼寺の建立の詔
743年 墾田永年私財法発布
紫香楽宮にて盧舎那大仏の造営を発願翌年、平城京に再遷都し、東大寺で再開
745年 行基が大僧正となる
東大寺不羂索空観音像、日光・月光菩薩像など
749年 孝謙天皇即位(後の称徳天皇)
751年 現存最古の漢詩集「懐風藻」できる
752年 東大寺大仏完成  この時期、藤原仲麻呂が権勢を振るい始める
753年 唐から僧の鑑真和上来日し、律宗を伝える
756年 光明皇后が聖武天皇の遺品を東大寺へ奉納。(正倉院の初め)
757年 養老律令施行  橘奈良麻呂の乱  藤原仲麻呂の絶頂期へ
758年 藤原仲麻呂、恵美押勝という名を淳仁天皇から与えられる
759年 唐招提寺金建立
763年 道鏡が孝謙上皇に重用される
764年 恵美押勝の乱  仲麻呂敗死孝謙上皇の重祚(ちょうそ・再度天皇に即位)、称徳天皇となる(第48代)戦乱平定後、称徳天皇は戦死した将兵の菩提を弔うと共に、鎮護国家を祈念するために「百万塔陀羅尼」の制作開始
770年 「百万塔陀羅尼」完成  称徳天皇崩御  道鏡追放  光仁天皇即位(第49代)
「万葉集」編纂(現在は大伴家持説が最有力)
781年 桓武天皇即位
784年 長岡京に遷都
792年 健児の制を布く
794年 平安京に遷都

戻る

立教大学TOPへ 立教大学TOPへ サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ
ページ上部へ