地方古文書総目録

立教大学図書館所蔵の地方文書について

文学部史学科日本史研究室(大久保利謙、海老沢有道、宮本馨太郎、林英夫)によって昭和30年代から収集されてきた地方文書(*1)である。今度立教大学図書館のホームページ上で全面公開にあたり、日本史研究室の他に経済学部により収集されてきた古文書も併せることになり、ここに「図書館所蔵文書」に移行したものである。これまで以上に研究者の利用・研究に役立てていただけたら幸いである。
 
*1  地方文書 じかたもんじょ 地方文書(じかたもんじょ)  : 江戸時代から明治時代にかけて村方によって作成された行政・経済・文化等々に関わる史料。主に各村々の庄屋=名主方に保有されていた。

古文書総目録に関するお問い合わせ

閲覧をご希望の方は、事前にご所属の大学図書館(機関)または最寄りの公共図書館へご相談ください。詳しくはこちらをご確認ください。
なお、自治体や団体より郷土史編纂等の目的で閲覧を希望される場合は、所定の書式に必要事項をご記入のうえ、FAX送信にてお申込ください。後日、本学よりご連絡致します。

立教大学池袋図書館 相互利用担当 TEL:03-3985-2629、FAX:03-3985-3205

ページ上部へ